RACES

2023 series
    2022 series
      2021 series
        2020 series
          2019 series
            2018 series
              2017 series
                2016 series
                  2015 series
                    2014 series
                      2013 series
                        Rd.1 岡山国際サーキット 予選レポート

                         

                        2022年のSUPER GTの開幕戦は、例年通りに岡山国際サーキットで行われた。

                        快晴のドライコンディションで迎えた予選は、風が冷たく、気温は予想されたほど上がらなかった。

                        TGR TEAM KeePer TOM’S37号車は、サッシャ・フェネストラズと宮田莉朋の共に22歳コンビで今シーズンを戦う。

                         

                        昨年ポールポジションを獲得しているこの岡山で、今年もと臨んだ予選であったが、

                        予想外の結果で終えることとなってしまった。

                         

                        午前中の練習走行を終え、午後の予選の準備を整えて、Q1にフェネストラズがコースイン。

                         

                         

                        トップ8台がQ2に進出する状況の中で予想外の苦戦を強いられ、Q1を突破することができなかった。

                         

                        トップから僅か0.7秒及ばず13番手となり、翌日、日曜日の決勝はグリッド後方からスタートすることとなった。

                         

                        ●二人は共に22歳でGT500クラスの中では最年少コンビ。

                        ●午前中に行われた練習走行では天候は晴れだったが、冷たい風が吹き、気温は15°Cまでしか上がらず、 路面温度は20°C前後。そのセッションでの順位は11番手。午後の予選では気温、路面温度が上昇することが予想され、順位アップを期待した。

                        ●フェネストラズがQ1を担当した。目標のタイムは1分17秒台の前半だった。

                        ●タイヤのウォームアップを終えてタイムアタックに入ったが、1分18秒を切って17秒台に突入するものの、 そこからタイムアップはできずに予選を終えてしまった。熾烈を極める予選争いでは、僅かな差でもグリッドの順位に結果として現れてしまう。

                        ●宮田の予選走行のチャンスはなかった。

                         

                         

                        Rd.1 岡山国際サーキット 決勝レポート

                         

                        快晴の最高のコンディションで迎えた日曜日。

                        13番手の後方グリッドから2022年の開幕戦をスタートしたTGR TEAM KeePer TOM’S37号車は、

                        スタートでひとつ順位を落としてしまったが、その後2台をパスすることに成功した。

                         

                         

                        ドライバー交代 のピットインまでに12位となっていて、10位以内、ポイントゲット圏内が見えてきた。

                         

                        ピットイン後は13番手まで順位を下げてし まったが、そこから再び順位アップし、11位でフィニッシュした。

                         

                         

                        ポイントゲットはならなかったが、レース終盤までペースを維持して、

                        セカンドスティントで各車がペースダウンする中、速さを示した。

                         

                        8位争いを演じていた集団に加わっていただけに、

                        ポイントゲットが できなかった悔しさが残るシーズンスタートとなってしまった。

                         

                        ●フェネストラズがスタートドライバーを担当した。

                        ●オープニングラップで日産Zの3号車の先行を許して14番手となった。

                        ●接近戦の序盤、18周目にNSXの64号車、その3周後には、同じくSupraの19号車をパスして12位まで順位を挽回した。

                        ●31周してドライバー交代のピットイン。

                        ●宮田莉朋がレースに復帰した時には13位となっていた。

                        ●52周目に12位。66周目に11位に順位を挽回。

                        ●終盤路面温度が下がる状況となり、同じブリヂストンタイヤを装着する車のペースが遅れ始めた。

                        しかし、宮田は逆に ペースアップするほどの速さをを見せて前の集団を追った。10位、ポイントゲット圏内に入ることはできなかったが、トップ集団 以上のパフォーマンスを示してレースを終えることができた。 

                        ページTOP