RACES

2023 series
    2022 series
      2021 series
        2020 series
          2019 series
            2018 series
              2017 series
                2016 series
                  2015 series
                    2014 series
                      2013 series
                        Rd.6 菅生サーキット 予選レポート
                         
                        TGR TEAM KeePer TOM’Sの37号車は、第3戦の鈴鹿サーキットで初の3位表彰台を獲得、続く富士スピードウエイで初
                        優勝、第5戦でもポイントを獲得して、第6戦にポイントランキング2番手で乗り込んできた。
                         
                         
                        ポイントによるサクセスウエイトが一番重くなるこの第6戦では苦戦が予想された。
                         
                         
                        予選前の練習走行では、タイムが伸び悩む状況であったが、セットアップの変更によって改善され、予選に臨むことができた。
                         
                         
                        Q1のトップ8台がQ2へ進出ができる中、宮田莉朋がステアリングを握り、Q1のタイ
                        ムアタックを行った。結果は10番手で、Q1を突破することはできずに予選を終了。決勝はグリッド中段以降から、できるだけ多くのポイントゲットを目標に84周のレースをスタートすることとなった。
                         
                         
                         
                        ●37号車は、ポイントランキング2位。同じポイントに日産Zの3号車、ホンダNSXの17号車がいる。
                        ●ポイントは34点。サクセスウエイトは68kg(実ウエイト34kg、燃料リストリクター2段階)。
                        ●アップダウンがきついスポーツランドSUGOにおいて、特に第4セクターの10%勾配の最終コーナーから、ホームストレートへのセクションが、アクセル全開で立ち上がってきても如何ともし難い。
                        ●Q1を宮田莉朋が担当。
                        ●タイヤのウォームアップの状況を探りながら周回し、アタックを開始。
                        ●5周目にマークした、1分10秒482がベストタイムであった。
                        ●Q1突破まで0.12秒足りずに予選を終えた。
                        ●サッシャ・フェネストラズの予選での走行チャンスはなかった。
                         
                        Rd.6 菅生サーキット 決勝レポート
                         
                        九州・沖縄地方で猛威をふるっていた台風14号が、東北地方のスポーツランドSUGOまで影響して、雨が降ったり止んだりするコンディションに翻弄される第6戦決勝だった。
                         
                         
                        1周目に一つポジションを下げて11位で走行。雨が降り始めて16周してレインタイヤに交換。
                         
                         
                        ウエットコンディションでペースアップし、6位まで順位を上げて36周目にドライバー交替を行った。タイヤはレインを装着してコースイン。
                         
                         
                        レース中盤から終盤にかけては雨が降ったり止んだりを繰り返した。残り周回数3分の1を残して路面が乾き始めた。
                        そこで再度ピットインしてスリックタイヤに交換。ポイント獲得圏外に順位を落としてしまうが、その後追い上げて9位へ。
                         
                        ホンダNSX100号車との終盤のバトルで10位へ後退。レース後に36号車のペナルティで9位に繰り上げとなった。

                         
                        ●フェネストラズがスタートドライバーを担当した。日産Z3号車の先行を許して11位へ。
                        ●雨が12周目あたりから降り始め、路面はどんどんウエットに変化。16周目にスリックからレインタイヤに交換。
                        ●難しいウエットコンディションの中、順位をアップ。6位までポジションを上げた。
                        ●36周してフェネストラズから宮田にドライバー交替。タイヤはレインタイヤを装着してコースへ送り出した。一旦11位まで順位を下げたが、タイヤのウォームアップが済むと一気に順位を挽回し8位へ。
                        ●しかし、路面はどんどん乾き始め、レインタイヤよりスリックが有利と判断し、50周してピットイン。スリックタイヤに交換するが、再びポイント獲得圏外へ。
                        ●終盤で再び小雨が落ちてくることがあったが、スリックタイヤで順位をアップして9位へ。
                        ●63周目に10位へ後退してフィニッシュ。36号車の黄旗追い越し違反があり、最終順位は9位となった。

                        ページTOP