Rd.5 鈴鹿サーキット 予選レポート
 

前戦、富士スピードウエイにて、TGR TEAM Keeper TOM’Sの37号車は、見事な作戦で優勝を飾った。

サッシャ・フェネストラズと宮田莉朋のGT500クラス最年少コンビが初優勝。

 

そして、担当のエンジニアもGT500クラス最年少というフレッシュな勝利だった。

第3戦の鈴鹿で初表彰台(3位)に立って以来、一気に加速して表彰台のトップに立ち、今シーズン2回目の鈴鹿に、ランキングトップとしてシリーズ後半戦へ突入してきた。

獲得ポイント31点。

サクセスウエイトも現在最大の62kg。

規定によって燃料の供給量を制限する燃料リストリクターも装備されている。

苦しい状況の中でQ1通過を目指して宮田莉朋がコースイン。

 


Q1突破に不可欠な1分45秒台のタイムには僅かに届かず、Q2への進出は叶わなかった。

決勝は11番手からスタート。


●第4戦優勝によって、トータルポイント31点。ポイントx2のサクセスウエイトは62Kg。
●サクセスウエイトが50Kgを超えた場合、パフォーマンスに制限が加えられる。燃料の供給を少なくする燃料リストリクター
1段階が装着され、実ウエイトはサクセスウエイトから17Kgを差し引いた45Kgが搭載されている。
●Q1のアタックを行った宮田は、GT500クラスで燃料リストリクターを装着した状態で走行するのは初めての経験だった。
●ドライバーの感覚では実ウエイトよりも燃料リストリクターによって絶対的なパワー、速度が伸びないことが大きくタイムに影響を及ぼしている。
●今回の決勝レースは第4戦に引き続いて450km。給油2回の義務と、ドライバーの最大周回数以外の規定はないため、戦略面での幅が広く、後方からのスタートでもポイント獲得のチャンスがある。

Rd.5 鈴鹿サーキット 決勝レポート
 
37号車のグリッドは11番手、6列目。そこから450Km、77周の決勝レースがスタート。
 
 
GT500クラスの15台の集団、その後続グループで、1コーナーからS字カーブへ続くセクションで位置取りが悪かったため、順位を下げ13位で1周目ホームストレートに帰ってきた。
 
そこから順位アップ、レースの3分の1を過ぎるまでには10位以内まで挽回していた。
 
 
26周して1回目のピットイン。

特にアクシデントもなくレースは進行して、レース中盤戦へ。
 
2回目のピットインを予定していた周回に近づいた時、GT300クラスのマシンが130Rでコースアウト。
 
セーフティーカー(SC)が導入された。導入直前にピットインを行なっていたら、ポジションを上げるチャンスだったが、SCがコースインした時までにピットロード入口には至っていなかった。
 
 
 
ポジションをキープしつつ終盤へ。
 
最終盤には再び順位アップに成功して8位。貴重な3ポイントを獲得した。
 
ランキング2位で残り3戦に臨む。
 
 
 
●フェネストラズがスタートドライバーを担当した。チョイスしているミディアムタイヤのウォームアップに苦労し、1周目のペースが悪かったうえ、イン側のラインで行き場をなくし、順位を二つ下げてしまった。
●上位のマシンの中で、早々にピットインするマシンがあり、順位を上げることができた。タイヤが温まるとペースが良くなり、パッシングも行えて、最初のピットインまでには10位以内の順位で走行することができていた。
●フェネストラズは、26周してピットインし宮田に交代。宮田はソフトタイヤを装着、コースインしてすぐに快調なペースで周回を重ねることができていた。
●レースの3分の2が経過し、再びピットインのタイミングを迎えた時にSCが導入された。導入直前に2回目のピットインができていれば、大きく順位アップのチャンスだったが、宮田がピットロード入口に来るまでにSCはコースインし、ピットロードは閉鎖されていた。
●SC明けに2回目のピットインを済ませて、9位でレースに復帰。最終ラップに上位のマシンがクラッシュしたため8位でレースを終えた。
Races
2022 series
    2021 series
      2020 series
        2019 series
          2018 series
            2017 series
              2016 series
                2015 series
                  2014 series
                    2013 series