RACES

2023 series
    2022 series
      2021 series
        2020 series
          2019 series
            2018 series
              2017 series
                2016 series
                  2015 series
                    2014 series
                      2013 series
                        Rd.5 鈴鹿サーキット レースレポート
                         
                        2023年SUPER GTシリーズ第5戦「SUZUKA GT 450km RACE」が8月26日(土)、27日(日)に、
                        三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで行われ、延べ3万3000人の大観衆を集めました。
                         
                        残暑が厳しく土、日ともに35度前後の気温と高い湿度、そして高い路面温度の中で開催され、
                        SUBARU BRZ GT300は完璧な展開をしポールポジションからのスタートで3位表彰台を獲得しました。
                         
                         
                         
                         
                        【予選】
                        第3戦鈴鹿の予選1位、第4戦富士スピードウェイの予選2位と好調のBRZ GT300は、第5戦鈴鹿でも好結果をだしました。
                         
                        Q1予選は井口卓人が走り全体トップタイムでQ1を突破。
                        そしてQ2予選は、最多ポール獲得の記録更新をかけて山内英輝が走りました。
                         
                         
                        山内は期待に応えるように全セクターでベストタイムをマークし、1分57秒608でポールポジションを獲得。
                        山内はGT300の最多ポール獲得数が14回となり、記録を更新しています。
                        コンビを組む井口も「異常な速さ」と表現するほど山内のスピードは飛び抜けていました。
                         
                         
                         

                        【決勝】
                        スタートは山内が担当しWスティントを走行します。
                        2回のピットイン義務ではタイヤ4本交換を2回ともない、ラップタイムを落とさないスピードレースという選択をします。
                        山内は期待通りにトップを快走し後続を引き離します。
                         
                        しかし、ピット時間は長くなり、順位を落としてから再び追い上げる展開となりました。
                        それでも山内は38周目には再びトップを奪い返し、井口と交代します。
                         
                        井口は2番手でコースに戻るものの、他のマシンのクラッシュでFCYとなり、その間、2台のマシンが井口の前に戻ってしまい、
                        井口は総合6位にまで順位が下がります。
                         
                        井口も新品のタイヤを履くことでスピードのある走りを見せ、終盤は3位に戻し、チェッカーを受けました。
                         
                        山内は、「ピット時間は決められたルールの中でやっていることなので、仕方ないです。
                        でも全くミスなく自分たちのレースはできたので、レースは良かったと思うし悔いはないです」とコメント。
                         
                        井口は、「山内選手の最初のスティントを見た時、ラストの勝負になるな、ということを予感しました。
                        だから気合いも入りプッシュできたレースだと思うし、ラスト5ラップはコース上にとどまるのが苦しい状でしたが、3位に上がれて良かったです。
                        ピットインのタイミンとか、タイヤ選択とかチームの判断にミスはなかったので、悔しいですが良いレースだったと思います」とっています。
                         
                         
                        小澤正弘監督のコメント
                         
                        「勝てなかったのは残ですけど、戦勝負のとこった通りにできて、スピード勝負にめたのは良かったと思います。
                        ただFCYでンテージをもらった2チームをかわすのはしかったです
                        でも、まだまだタイヤの使い方や戦にしても改善余地はあるので、もっと速く走れることが見えたので収穫は大きかったレースです。
                        は得のSUGOなので、チンピいでも気に追いきたいです

                        戦のSUPER GT第6戦SUGO9月16日(土)、17日(日)に宮城村田町のスポーランド菅生で300kmレースが開催されます。
                         
                        シリーズチンピい続けるSUBARU BRZ GT300の応をよしくお願いします。
                         
                         

                        ページTOP